株価の天井を見極める

株式投資で失敗する要因として一番多いのが「株を売るタイミングがわからない」というもうのです。株を売るベストなタイミングは株価が天井をついたときですが、そのタイミングがわからなければ投資家として生き残ることは難しいでしょう。

株価の天井を見極める

株価を売るタイミングについて

株は買うのは非常に簡単で自分の意図するところで買うだけですが、株の利益をだすために売るときは難しいものです。
これが買った価格よりも仮に下がっていた場合には、損切になりますがこの価格は取引にだいたいきめておくのが普通で最高でも3割の下落でロスカットしておかないと次の取引のために資金を残すことから必要ですが、問題は値上がりしている時の利食い売りが難しいです。
株では利食い千人力というように利益を確定しておくことは大切ですが、あまり早く段階での利食いでは上昇が伸び長いものになったときには、せっかくのチャンスをのがしたことになります。このタイミングを知ることが株においては難しいです。
ではどのタイミングが適切かと言いますと、この売る起点をある程度決めておいてそこからいくら下がると売りでそこからいくら上がると様子見してトレンドを検討するようにします。
例として、株が購入価格よりも4割あがった点を起点として、これより2割下落で見切り売りを、この起点よりも2割上昇で様子見とするような点です。
要は最低ラインの利益を確保しながらも、上昇を狙っていく方法です。
がしかし、この方法にも難点があり、ストップ安などの急落には対応ができず、そうした場合には損切同様に売り切る方が損害が少ないのでいいです。
このように画一的に売るタイミングポイントを決めるのでなく、場面に応じて株の取引価格をフレキシブルに設定しておけば、当面の利益を確保しながらの取引も可能になりますので、売るべきタイミングを見失うことなく処理でき、なんとなくでの利益確定売りでその後上昇して悔しい思いをすることが少なくなりますし、また負けない投資が可能になると思われます。

株で失敗する人と成功する人

株は、ギャンブルではないですが熱くなると冷静な判断ができないのでまずは熱くならないことが専決です。
しかしお金を投資している以上そうにはなかなかなれないのが現実です。しかしこれは何事にも通じますが、頭に血が上る状態で正しい判断が下せることはまずないです。
このあたりの感情のコントロールをうまくできるかできないかが株で成功するかどうかの分かれ目です。
では熱くならないためには、どうすればいいのかと言いますとよく言われるのが命の金で決して投資しないことで、生活費で株をするのはやめたほうがいいです。
たしかに専業の投資家は存在しますが、その中に常勝の投資家はたくさんいるわけではなく、むしろ少数です。
その少数の人達にいえるのは、単に運がいいわけでなく投資に対する技術といつでも冷静に判断できる精神力を持ち合わせているいわば天才的な側面があります。この事を一般人に求めても無理です。
ですのでほんとうに失ってもいい金額で行うべきで、この単位が100万円の方も30万円の方もいるかもしれません。
まずは金額を明確に決めて行うべきで、失敗する人はここで損を取り戻そうとして借金してでも株を買いますが、それでは泥沼化するだけです。
そして銘柄を研究して絶対に買うことが必要で噂での株取引はしないことです。
そして株は特に現物で行って、そのままにして値の上下を気にせずおけるかがカギです。
実は株は銘柄にもよりますが、現物で何年ももっていると確実に上昇していることが多いです。要は失ってもいいお金でそのままにしておけるかが成功のポイントです。
このようにギャンブルのようにいきなり何倍にもと大きく儲けるのでなく、あくまでも長期で余裕資金での保有が単純に見えて成功の秘訣です。

初心者でもわかる株価の見極め方

株を始めたいが株のことがよくわからない、どのタイミングで買ってそして売ればいいかのと思って、投資に踏み切れない人が多いです。
そうした人に株は好きな銘柄を好きな時に買えばいいので、上がればうればいいというアドバイスを初心者にする人がいますが、それは無責任です。
そんなやり方で買っても、運がよければの話でビギナーズラックで勝っても次もそんな風にうまくいくとは限りません。
投資には論理は必要です。運で勝負するのは避けたほうがよく、運やツキはいつか落ちます。
こんないい加減な投資ではいずれ大損することは目に見えています。
では何を目安に取引に入るかどうか決めるのかと言いますと、必ず過去の最安値と最高値はまず把握することと当時の業績といまの業績を比較していくことです。
初心者でもこのぐらいの数字データは理解できるはずです。
この数字に基づいて今現在の株価はどの位置にある把握します。
株は面白いことに売られるずぎと適正の位置に時間はかかっても戻るとし、買われ過ぎてもまた同じです。
最安値からたいたい60%以上で、業績も当時変わらないなら買われすすぎている可能性がありますので買いは見送ります。
また最高値から60%以下の下落の場合で、当時の業績と変更がない場合には、売られ過ぎているので、そこから20から30%の戻りの上昇を期待できるので買います。
株とは仕手株になっていない以上業績に必ず反映して動くのが原則ですの、投資家の心理もその要因を踏まえて取引しているのが普通です。
そしてもしこの予測が外れた場合には、買った株価の20%で損切するなどのルールをちゃんと決めておくべきです。
この見極めの目安は絶対ではないのでこうした事態にも対応できるようにしたほうがいいです。こうすることで損をしない投資を展開できます。

■仕手株情報はこちらから入手!
仕手株の銘柄
■人気の株主優待銘柄が丸わかり!
株主優待人気.net