株式投資で失敗する要因として一番多いのが「株を売るタイミングがわからない」というもうのです。株を売るベストなタイミングは株価が天井をついたときですが、そのタイミングがわからなければ投資家として生き残ることは難しいでしょう。

株価の天井を見極める

老後を考えるならジョホールバル不動産よりも株に投資

老後のことを考えてジョホールバルの不動産投資をしようと思っている人は、株に投資をしたほうが安全といえます。
よほど大きな資産を持っていて、老後はジョホールバルで生活をしたいと思っていて投資をするというのであれば、それもひとつの考え方として悪くありませんが、ジョホールバルの不動産に投資をした利益で日本で優雅な老後を送りたいと考えるのであればリスクの高いものとなってしまいます。

ジョホールバルの不動産に投資をするのはハイリスクハイリターンなものとなっていて、どちらかというと投機に近いものがあります。
一山当てたいという目的のもと投資をするのであれば悪くはありませんが、堅実な老後のことを考えると避けたほうが賢明だといえるでしょう。
老後の安定のことを考えるのであれば、日本の株式市場に投資をしてみるのでも十分にその目的を果たすことができ、リスクの高いものから安定して資産運用をすることができる銘柄まで分散をして投資をすれば、老後の生活も安泰なものにすることができます。

リスクの高い株を少額の資金で投資をして大きな利益を狙うのと同時に、安定性の高い銘柄を選んで配当などのインカムゲインを受け取れるようにしておけば上手く行けばリスクを抑えて大きな利益を手にすることができます。
ジョホールバルの不動産に投資をするというのはリスクの高い株に大きく資産をつぎ込んでしまうようなものであるため、老後のことを考えると不向きという事になってしまうのです。
投資はリスク管理が重要となりますから、老後のことが目的というのであれば株に投資をしたほうが安全性が高く、リターンに関してもそれなりのものが期待できるので、まずは株式投資から始めて見てはいかがでしょうか。