株式投資で失敗する要因として一番多いのが「株を売るタイミングがわからない」というもうのです。株を売るベストなタイミングは株価が天井をついたときですが、そのタイミングがわからなければ投資家として生き残ることは難しいでしょう。

株価の天井を見極める

新規公開株の募集はGMOクリック証券などの平等抽選

新規公開株というのは初値高騰が期待できるので、簡単に手に入れるのは難しいものとなっています。
ほぼノーリスクで利益を出すことができるものですから、募集があってもその何十倍の応募が殺到するので簡単に手に入るものではありません。
そして、新規公開株の割当というのも公平なものではなく、証券会社の裁量によって割り当てられる人が変わってくるので小口の利用者はなかなか新規公開株を手にすることは難しいものです。

そこで、このようなプラチナチケットを手に入れたいと思うのであれば、GMOクリック証券のように平等に抽選をして配分をしてくれる証券会社を利用して応募をするようにすると良いでしょう。
GMOクリック証券は新規公開株の募集をして配分する際に、日頃の取引実績などを一切考慮せずに完全にランダムで抽選をしてくれる証券会社となっています。

そのため、GMOクリック証券に対して多くの手数料を落としている大口客もほとんど手数料を支払っていない小口客も平等に取り扱ってもらうことができるので、あまりお金をかけられない人ほどGMOクリック証券の募集に応募したほうが新規公開株を手にしやすくなるのです。
逆に日頃から取引実績のある大口客の場合、平等に抽選されるというのは不利になってしまうことがありますから、何十億円という金額を運用していて証券会社に対して支払っている手数料も大きいというのであれば、裁量によって配分されるところで応募をした方がいいということになります。
しかし、このような人はほんとうのごく一部の人に限られているわけですから、普通の人が新規公開株を入手したいのであれば、GMOクリック証券のような場所を利用してみると良いでしょう。