株式投資で失敗する要因として一番多いのが「株を売るタイミングがわからない」というもうのです。株を売るベストなタイミングは株価が天井をついたときですが、そのタイミングがわからなければ投資家として生き残ることは難しいでしょう。

株価の天井を見極める

三井金属の株に投資をしようと27日の値動きを見る

三井金属の株に投資をしてみようと、過去27日間の値動きを観察しているという人もいるかも知れませんが、値動きを見るのであれば27日ではなく25日の動きを見るのがおすすめです。
なぜ、27日ではなく25日の動きを見るのかというとこれは土日を除いた一ヶ月の市場が開いている期間となるので、過去一ヶ月間の値動きを見ることができるためです。

これは三井金属だけでなく、その他の株に投資をすると気にも重要なものであり、25日の動きというのは多くの投資家が注目しているものとなります。
そして、25日間の株価の推移を表したものに25日移動平均線と呼ばれるものがあり、これが非常に重要な意味を持つテクニカル指標となっているので、覚えておくと便利です。
25日移動平均線というのは、過去一ヶ月の平均の株価を示しているものであるためその時の株価がそれよりも上で推移している場合、含み益が出ている人が多いと予想されます。
逆に下で推移している場合には、含み損を抱えているひとが多いと予想することができるので、上昇をしようとしても含み損を抱えた人たちが売ってくる可能性が高く、株価が上がりにくい時期だと判断をすることが出来ます。
そのため、基本的に三井金属に投資をするなら25日移動平均線よりも上で推移をしている時に買ったほうが利益が出やすいといえますが、大きく25日移動平均線から乖離をして含み損に耐えられない人が出て投げ売りが始まったタイミングというのも買いのチャンスと言えます。
そのため、三井金属に投資をすることを考えている場合には25日移動平均線を参考として、相場が強気の時に買うかあるいは総悲観が生まれた時にタイミングを見計らって買ってみると良いでしょう。